学生ローンとは?

一般的に、消費者金融では未成年者や学生を融資対象としていない。このため、学生でも消費者金融のサービスを受けられるようにと設立されたのが学生専門のローン会社である。消費者金融と比べ、比較的容易に融資を受けることが出来るほか、返済方法・利息面でも優遇されている場合が多い。学生に限って利用が出来る。
未成年者への融資は行っていない場合や、アルバイト等をしていないと融資がある。


学生ローン&キャッシングの比較

ローンカードとは?

ローンカードとは、主に信販会社とクレジットカード (日本)会社が発行する現金の借り入れ(融資)専用のカードのことを言う。主に貸出期間が短期(1日〜数ヶ月)のものを指し、「ローン」は比較的長期(1年以上など)の融資を指す用語とされるため、サラ金カード(消費者金融)の利用者層は短期の生活資金に、ローンカードはレジャー資金などまとまった用途に使われるのを想定して、一定の年収と定職のある者(会社員・公務員・自営業経営・自由業など)だけに発行される傾向があるため、フリーターなど雇用が不安定な者へも発行される「サラ金カード」とは区別される事が多い。


学生ローン&キャッシングの比較

ローンカードの返済

審査の上、殆どはサラ金カード同様リボルビング方式(元金定額/残高スライドなどの方式が)で完済(借入残高が0円)となるまで、毎月の約定返済日にATMでミニマムペイメント(最低支払額)を返済していく形となる。 利息(実質年率)は借入残高に対して日割計算で毎日発生する商品が殆どであり、借入れ当日や数日間などの場合は利息額は僅かである(この点を宣伝する)ものの、借入額が高額で返済が長期に渡る場合は影響で元金(借入残高)が減りにくいので、ATMや振込によって都度返済する事も可能である。


学生ローン&キャッシングの比較

カレッジの学生ローン

学生ローンは、カレッジ(大学)などの学生だけをを対象に融資を行う消費者金融、つまりはサラ金のことをさします。

通常、消費者金融では、20歳未満の未成年者やカレッジの学生を融資対象としていません
このため、カレッジに通う学生でも消費者金融のサービスが受けられるように設立されたのが、「カレッジ学生専門」のローン会社となります。

カレッジの学生ローンでは、一般の消費者金融と比べ、比較的容易に融資を受けることが出来るほか、返済方法・利息面でも優遇されている場合が多いです。

条件としては、高校生を除く満18歳以上の学生に限って利用できるようになっています。
もちろん、未成年者への融資は行っていない場合や、アルバイト等をしていないと融資が受けられない場合もありますので、それぞれの学生ローン会社の内容を良く調べておきましょう。

学生ローンの悪質とは!

学生ローンの悪質な手口!と聞くと

悪質なローン会社があるようにとられがちですが、

信用のある学生ローン専門会社を利用した悪質な手口

注意するべきですね。


例えば、

「英会話のプログラム」や「自己啓発のセミナー」などを

巧みな話術や広告を使って勧誘し、

支払い方法で学生ローンを組ませてしまう手口です。


「1ヶ月わずか3000円の投資で
  君の人生が一変してしまうセミナーです。」


学生ローンを使って何に投資するのか

よ〜く検討しましょう!

学生ローンの審査が甘い!?

学生ローンの審査は甘いといえるのでしょうか?

一般的にローン会社(消費者金融)からローンを組む時は、かなり厳しい審査があります。

その審査のポイントがズバリ返済能力があるのかどうか・・・。


そうなると、学生はかなり不利になりますが、

学生ローンは学生を専門にしたローンですので

一般の審査からすると、学生ローンの審査は甘い?といえると思います。

もちろん、

借りる学生の条件でその「学生ローンの審査の甘い」が違ってくるのは言うまでもありませんね。


学生ローンの審査が甘いローンの比較

学生ローンの詐欺の手口!

学生ローンの詐欺

直接的というよりも、間接的な詐欺が多いです。

つまり、

学生ローン専門の消費者金融の会社が詐欺を働くのではなく、

大手の信用のなる学生ローン会社を利用して

詐欺を働く手口が多いということです。


例えば、

社会人になって必要になるスキルを身に付けるための

セミナーやプログラムを、

学生ローンを組ませて購入させてしまう手口です。

もちろん、

そんなセミナーやプログラムは存在しません。


あくまで、一例ですが

学生ローンを組む時は、その目的は何か

もう一度良く検討しましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。